あさりのつくだ煮ができるまで


 むき身のあさりとたっぷりの生姜を 

 

籠に盛り、煮物の準備が整いました。


 

 

醤油と砂糖を煮詰めたタレの中に 

ゆっくりと1時間近く時間をかけて

あさりを煮付けます。

 

レンガで出来た窯で煮ることで

安定した高い熱量を保ち

大釜でもムラ無く

仕上がります。


 

 

 

 

たっぷりのタレを使い

煮切らず 

ちょうど良い塩梅を見計らって

あさりを煮上げます。


 

 

 すぐに籠にいれ 

余分なタレを切ります 。

 

竹でできた自然素材の籠なので

金属製の容器などと比べ

 

そのままの風味を、より保つことが出来ます。


 

 

 

 

 

 

 

 

タレを切ったあとは

木製の飯台に入れ、蒸気を飛ばします。

 

木が水分を吸ってくれることと

扇風機で一気に冷ますことで

タレが良く浸透します

 

 

 

 粗熱が飛べば 

 

あさりのつくだ煮の完成です


 つくしんのつくだ煮は  

日持ちは3週間と長くはありませんが

素材の味を生かすため

醤油、砂糖、酒で煮詰めたタレを

煮切らず、程良い塩梅で

煮上げています

 

昔ながらの作り方と道具にこだわり

丁寧に作っておりますので

安心してお召し上がり下さい