東京・佃島に大阪より漁師が移り住み、

つくだ煮を作る様になってから400年余りが立ちます。

 

つくだ煮は、醤油と砂糖、酒などで

濃い味に煮詰めているので浸透圧が高く

添加物なくとも保存がききます。

 

また、魚をそのまま煮ることで栄養補給にも良く

粗食の日本人に長く愛されてきました。

 

何より白いご飯に良く合い

かの北大路魯山人も

つくだ煮のお茶漬けを愛していたことが

著作に残されています。

 

つくしんは昔ながらの製法を大切に丁寧に、少量しか作れませんが

しっかりと煮続けています。